生グリーン電力とは?

生グリーン電力とは、太陽光、風力、バイオマスによって作られた電力のことです。
特徴は自然エネルギー、再生可能エネルギーなどを利用し、発電していることです。
火力発電所と比較して二酸化炭素の排出も少なくすむのも特徴です。
続きを読む

カテゴリー: 環境・エコエネルギー | コメントは受け付けていません。

メンテナンスフリーの屋上緑化とは

屋上緑化とは、建物の屋根や屋上に植物を植えることをいいます。
屋上を食化する目的としては建物の断熱性を向上させたり、見た目をよくしたりするなどが挙げられます。
似たような言葉に「壁面緑化」がありますが、こちらは建物の壁に植物を這わせて緑化することをいいます。
続きを読む

カテゴリー: 環境・エコエネルギー | コメントは受け付けていません。

バイオマスボイラーとはどんなもの?

バイオマスボイラーとは、石油などの枯渇性資源にかわる燃料資源として注目されている「バイオマス」を利用したボイラーのことです。
温泉・浴場施設では大幅な省エネが期待できます。
続きを読む

カテゴリー: 環境・エコエネルギー | コメントは受け付けていません。

片流れ屋根のデメリット:太陽光発電に向かない

太陽光パネルは日の当たる高い場所に設置する必用があります。一軒家では屋根に付けますので、その向きや傾きが大事になってきます。
ソーラー発電に向かない屋根というとどんなものがあるでしょうか。
続きを読む

カテゴリー: ソーラー発電 | コメントは受け付けていません。

間伐材で二酸化炭素排出防止を

環境問題やエコが課題になっている中、二酸化炭素の消費を抑えるために注目されている木材が「間伐材(かんばつざい)」です。

間伐材とは、森林の間伐の過程で生えてくる木材のことです。
人工林スギの間伐材は太さからして建築などの木材としては不向きです。
未成熟材であるため建築用材としては利用しづらいのです。
続きを読む

カテゴリー: 環境・エコエネルギー | コメントは受け付けていません。

屋上緑化のメリットとデメリット

屋上緑化によって期待できるメリットはさまざまです。
代表的なメリット・効果として、断熱効果、省エネ効果、建物の劣化防止、ヒートアイランド現象の緩和、水質・大気の浄化、防音性の向上、生態系の復活などがあります。
続きを読む

カテゴリー: 環境・エコエネルギー | コメントは受け付けていません。

再生可能エネルギーと自然エネルギーの違い

再生可能エネルギー(renewable energy、RE)とは、化石燃料(石油、石炭など)と違い長期間枯渇が心配されないエネルギー源のことです。
主な例としては風力、太陽光、水力、波力などがあります。
すでに発電、給湯、冷暖房、燃料として活用されています。
続きを読む

カテゴリー: 環境・エコエネルギー | コメントは受け付けていません。

風力と太陽光を比較しよう

最近注目されている発電方法として、風力発電と太陽光発電があります。
共通しているのは、どちらも自然の力を利用しているため、燃料を必要としないこと、火力発電のように二酸化炭素を排出しないことです。
いずれも環境にやさしい発電方法として積極的な導入・活用が今後の課題となっています。
続きを読む

カテゴリー: ソーラー発電 | コメントは受け付けていません。

フードマイレージ、地産地消って何

農水省のページなどでよく見かける「フード・マイレージ」、「地産地消」という言葉。
このふたつの言葉にはどういう意味があるのでしょうか。
フード・マイレージ(food mileage)には、食料の輸送距離という意味があります。
続きを読む

カテゴリー: 環境・エコエネルギー | コメントは受け付けていません。

バイオマスエネルギーの特徴とは

バイオマスエネルギー(バイオ燃料)とは、生物がもともと持ったエネルギー(バイオマス)を利用した動植物資源のことです。
例としてはアルコール燃料や合成ガスがあります。
廃棄物系バイオマスには木くず、海草、紙類、生ゴミ、プランクトン、動物の死体、家畜の糞尿などがあります。
続きを読む

カテゴリー: 環境・エコエネルギー | コメントは受け付けていません。