風力と太陽光を比較しよう

最近注目されている発電方法として、風力発電と太陽光発電があります。
共通しているのは、どちらも自然の力を利用しているため、燃料を必要としないこと、火力発電のように二酸化炭素を排出しないことです。
いずれも環境にやさしい発電方法として積極的な導入・活用が今後の課題となっています。

風力発電と太陽光発電にはどのような違いがあるのでしょうか。
2つの発電方法の特徴をまとめ、比較して見ましょう。

風力発電
その名のとおり風の力で発電する方式。
燃料を必要とせず、二酸化炭素も排出されない。
ただし設置場所が限定されがちで、風力がない日は発電ができない。
また施設や風車の設置には広い土地が必要。
少ない風車では大きな発電は見込めない。

太陽光発電
太陽電池を使って、太陽の光で発電する。
燃料を必要とせず、二酸化炭素も排出しない。
しかし悪天候の日や日光のない夜は発電ができない。
たくさんの太陽電池と広大な土地などそれなりのコストがかかる。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。