色素増感太陽電池の原理と広がり

色素増感太陽電池の原理は太陽電池に引き締められている色素達が太陽光にあるを吸収する事が元になっています。
それから太陽電池にある金属酸化物などから電子を分離することによって電力を発生させます。
これが電気になるのです。

もともと湿式太陽電池という名前で昔から知られていましたが、今では太陽電池はシリコン製太陽電池と呼ばれるものが主流です。
当時は色素が放出する電子をうまく取り込む技術が出来ていなかったのもあり、エネルギーにならなかった為です。

今はそのエネルギーを変える事も大幅にアップしているのと、実際にはシリコン製太陽電池よりも大きな設備がいる事もなく、安価で作る事ができます。
さらに太陽電池独特の色でなく自由な色合いと形で製造する事ができるのとプラスチック基板などで、簡単に星型など形状を問わないものができるので、実用化できる商品がでてくれば、これからもっと広がっていくと思われます。
そうすれば太陽光を利用した電力をさらに活用し、省エネやエコといった取り組みにも貢献しやすくなると言えます。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。