片流れ屋根のデメリット:太陽光発電に向かない

太陽光パネルは日の当たる高い場所に設置する必用があります。一軒家では屋根に付けますので、その向きや傾きが大事になってきます。
ソーラー発電に向かない屋根というとどんなものがあるでしょうか。

片流れ屋根がそれにあたります。高い位置に窓がとれたり、屋根裏の空間が大きくなったりというメリットがありますが、普通は北側に傾斜しているためソーラーパネルを設置するのは難しくなります。

四方に斜面がある寄せ棟は、必ず南向きの斜面があるのは利点ですが面積が小さいのが難点になります。

面積の大きい切妻屋根で、南向きの斜面のある家が最も太陽光発電に向いているということになります。
もしも新築で家を建てるなら、太陽光発電の効率についても考えておくと将来設置するときによかったと思うかもしれません。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。