屋上緑化のメリットとデメリット

屋上緑化によって期待できるメリットはさまざまです。
代表的なメリット・効果として、断熱効果、省エネ効果、建物の劣化防止、ヒートアイランド現象の緩和、水質・大気の浄化、防音性の向上、生態系の復活などがあります。

また植物による癒し効果も実験によって実証されています。
植物の多い景観は目の疲れやストレスも無く、癒し効果が期待できます。

逆に屋上緑化によるデメリットもいくつかあります。
屋上緑化を実施する前に、以下の点に注意しましょう。

安全性の見直し
屋上に植物に設置する場合は、プランターなどの位置に注意しましょう。
おき場所によっては転落や落下の可能性もあるため、建物周辺の人への安全を考える必要があります。

風に注意
屋上は高い位置であればあるほど地上よりも強い風が吹くため、支柱や暴風ネットによって樹木などが転落しないようにしましょう。

手間やコストがかかる
植物の設置やメンテナンスなどでどうしてもコストや手間がかかります。
コストが少ない苔植物を選ぶといいでしょう。

カテゴリー: 環境・エコエネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。