太陽電池の費用っていくらかかるの?

太陽電池は今注目を浴びています。
日光を集めてエネルギーにし、家の電力にしたり、余ったら電力会社が買い取ってくれたりるからです。
省エネやエコといったものからも注目が高まってきているのです。また、災害時の停電などにも強いことから、今後より注目されることが予測されます。

しかし太陽電池パネルを導入するまでには諸費用がかかります。
例えばですが、新築の戸建てであれば185万円、中古住宅であれば225万円くらいかかります。

中古住宅は導入する時に立ててある建物の中に設備を入れるので新築よりお金がかかります。
これを聞くと結構な金額がかかるのがわかりますが、太陽電池を導入すれば国から補助金と減税で45万円くらいと自治体からもいくらかお金が補助されます。
ですが、導入してからその諸費用を回収するのに20年以上かかる計算になってしまいます。

近年では太陽電池ではエネルギーに変える量が増えたりしたので、回収率は上がっていると言われていますが、まだまだ省エネをするのにここまでお金をかけるのかという疑問視する人も少なくはないようです。

これから国が補助金を上げると言われているので、どこまで費用が下がるか検討の中に入れてみてもいいでしょう。設置する人が増えれば、原子力発電も必要なくなるかもしれません。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。