太陽電池の国内シェアはどこが占める?

太陽電池のメーカーは多くありますが、この省エネやエコにのりそれぞれの会社で国内シェアを増やそうと目標を出しています。
ほとんどが住宅用を占めるので、住宅用を伸ばすように企業が戦略を考えてきています。

例えばパナソニックの場合は、2012年には国内シェア35%を目標にしています。
現状ではシャープが人気で、大半を占めているのと認知度も高いです。
またそれを追い越す勢いの東京製綱はすでに30%ありながら、さらに伸ばす勢いです。

その他意外に注目を集めているのは中国のソーラーパネルです。
現在は5%ですが、10%を目指して参入してきました。
日本製より価格が安いのが一番の理由のようです。
太陽電池は導入したくても高くてなかなか手が出ない人でも中国製なら性能はあまり変わらず導入できるという所からでしょう。

しかし日本メーカーもこれからより使用しやすくエネルギーに変えやすいもの変換効率が高いものを出し、太陽電池産業で名をはせたい所。
中国に負けない質で勝負するつもりのようです。

単純に設置費用が安くても、発電量が少なくてはシェアは伸ばせません。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。