太陽電池が普及しない問題点とは

太陽電池がいいものとわかっていてもなかなか普及しないのはたくさんの問題点があるからだと言われています。
それを克服すれば活用できる重要なアイテムです。いずれ危険な原子力発電所に取って代わるでしょう。

まず、大きな問題としては費用が高いという事です。
諸費用を回収するのに20年かかると考えられますが、寿命も20年と言われています。
それではいったいなんの為に導入するのかわかりません。
しかも気象状況や面積などでエネルギーに変える量も変わってくるので、もしかするとそれ以上の年数をかけなければもとがとれないといったものになります。

さらに蓄電池を入れないと太陽が当たっている時のみしか電気が使えないので、雨の日や夜にはあまり活用されない場合も。
もちろん大きく重い蓄電池もお金がかかります。
また発電した電気を売れるという文句で設置を促していますが、実は色々な条件によって売れない事の方が多いと言われています。

何か矛盾している、地球にやさしいと言いながらやさしくないと言った意見は多く寄せられているようです。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。