太陽熱給湯システムの仕組みとは?

皆さんは太陽熱給湯システムという仕組みを御存知ですか?
仮に仕組みを知らなかったとしても名前からどういったシステムなのか想像が付くのではないでしょうか?

太陽熱給湯システムとは、その名の通り太陽の熱を利用してお湯を作り出す仕組みのことです。
このシステムは太陽熱を吸収する「集熱器」と熱をお湯に換える「熱交換器」の二つで構成されており、この二つが組み合わさることにより効率よく太陽熱をお湯に変換しています。
具体的には、まず凍ることのない特殊な液体が集熱器内を循環することにより、太陽熱を吸収していきます。そしてこの不凍液が水入りのタンク内に張り巡らされた熱交換器を循環することによって熱を水に伝える訳です。
この際、水を直接温めている訳ではないので、衛生面でも安心してお湯を利用できるようになっています。加えて、熱交換器このシステムは石油等の化石燃料は使用していないのでCO2が発生せず、経済的にも地球にも優しい一石二鳥のシステムとして注目されています。
皆さんの家にも是非この太陽熱給湯システムを導入して素敵なエコライフを過ごして下さい。

カテゴリー: 環境・エコエネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。