太陽光発電設置する事で発生する固定資産税

太陽光発電では固定資産税がかかります。
固定資産税がかかる太陽光発電は屋根と一体型になっているものが対象になります。
屋根に乗せて固定してあるのは固定資産税がかかる事はありません。

また新築で太陽光発電を取り付けた場合に固定資産税を評価をする市の職員さんによって決められるのです。
固定資産税を安くするためにあとから太陽光発電を取り付ける人もいますが、後からつける方が大変です。

だいたいの目安ですが、ソーラーパネル1㎡にして50000円くらいになります。
評価は自治体によって変わると言われていますが、パネルに関してはこれくらいが相場ではないでしょうか。

ただでさえ初期費用にお金がかかるのに税金まで取られて大変だと考えられる方も多いです。
メーカーに頼む際に税金も計算してくれる場合もありますので利用してみるのも一つです。
そこから税金がかからないように考えておく必要があります。
そうなると屋根に置くタイプになりますが、デザインを考えると今は屋根一体型の方が人気ですから。
何を一番にとるかでかわってきます。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。