太陽光発電の利点と欠点の説明

ソーラー発電のメリットとしてあげられるのに、メンテナンスなどの手間がかからないというのがあります。また、パネルの面積なども屋根に合わせて選ぶことができます。

なによりも魅力なのは、地球に優しいということですが、タービンなどの可動部分が無いので振動などにより騒音が発生することもありません。
風力発電などでは、風切り音によって精神にダメージを負ってしまうこともあるのです。
すぐ頭の上で発電できる太陽光発電は、つくった電気をすぐにその家で使えるため、送電によってエネルギーをロスすることもありません。
さらには、あまった電力は電力会社に売ることができます。
また、自然災害などで停電してしまったときに、非常用の電源として使えます。
計画停電などがあっても、一定量の電力は使えるのでテレビなどを見ることができるのです。

欠点としては、やはり電力の安定供給でしょう。晴れている日はいいですが、曇ったり雨だったりすると、発電量がぐっと下がってしまいます。とうぜん太陽の出ていない夜には発電できません。
蓄電池、家庭用のバッテリーを取り入れていない限り、足りない電力は電力会社から購入することになります。
また、導入コストがやはり最大の欠点になるでしょう。まだまだ高額で、高い金利でローンを組んだら払い終えるまで時間がかかるでしょう。
もっと普及して、価格が下がることを期待します。それまでは助成金を上手く利用する必用がありますね。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。