太陽光発電に落雷の可能性と故障

太陽光発電で心配される災害で雪以外には雷もあります。
雷が落ちて故障する、家に雷の電流が流れ込むなどの心配がされるからです。
しかし過去に太陽光発電で直接落雷を受けたという事例は報告されていないようです。

パネルではなく屋外設置の電気機器が被害を受けたというものはありますが、それは直接落雷とは関係なく間接的な誘導電流が流れる事によって受けた被害という報告です。
屋根についている事から落雷を受けやすいと言う事はありません。
雷対策は特にないですが、基本太陽光発電とは電気システムに回路内で一定のサージアブソーバを設置して被害を食い止めると言う対策を取っています。

また雷が落ちて、一帯が停電した場合にも晴れていれば太陽光発電は使用することができます。
モーターを搭載した機器は使用することができません。
雷の停電で晴れる事は考えにくいですが、ある程度の光で発電することは可能だと言えます。
最低限の家電には電気が使えるようになります。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。