太陽光発電とパネルの雪対策

太陽光発電で気になるのは雪対策です。
特に雪が多く降る北国や北陸地方などではソーラーパネルに雪が積もる事で発電量低下や故障など不安な要素は一杯あります。
ソーラーパネルは積雪3cmくらいまで耐える事ができるようです。

積もらないか心配になりますが、ソーラーパネルは傾斜にできているので、ある程度は積もらないようになっています。
ですから雪国でなければ3cmはなかなか積もりにくいです。
雪国などが対策としてできている新しくできたソーラーパネルは雪対策ができています。
雪が落ちやすいような傾斜で設置できるのと、モニターで雪がパネルにどれくらい積もったのかを教えてくれるようになっているのです。
なるべく積雪以上の高さに設置するのも対策の一つです。
業者などに角度を相談しておきましょう。
雪が積もった際に落とすのは雪かきしかありませんが、普段自分たちでできる対策はあまりないようです。
ちなみに積雪した際には発電量は期待できません。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。