太陽光と太陽熱の違いを比較。それぞれのメリットとデメリットは?

「太陽光発電」と「太陽熱発電」には違いがあることは御存知ですか?意外とこの二つを混同しておられる方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は「太陽光」と「太陽熱」の違いを比較していきたいと思います。

まずは太陽光発電ですが、これは太陽電池等を用いて、直接電気を取り出す方法です。特徴としては、狭い場所でも電気を作り出すことができるというメリットがある反面、太陽電池を作るのにコストが掛かるというデメリットもあります。

次は太陽熱です。
太陽熱発電では、太陽の熱で水を沸かしお湯に換え、その熱で蒸気タービン等を利用して発電する方法です。太陽光発電に比べると簡単な装置で発電することができるためコストを抑えることができるというメリットがある反面、集光や熱交換する為の装置を設置する為の広い場所が必要になってきます。

どちらも一長一短のある発電方法ですが、旧来の発電方法と比べると化石燃料を使用しないので環境に優しく、普及率も年々増加傾向にあります。
今後は更なる技術の発展により、どちらもより効率的な発電方法へと進化していくことは間違いないでしょう。

カテゴリー: 環境・エコエネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。