再生可能エネルギーと自然エネルギーの違い

再生可能エネルギー(renewable energy、RE)とは、化石燃料(石油、石炭など)と違い長期間枯渇が心配されないエネルギー源のことです。
主な例としては風力、太陽光、水力、波力などがあります。
すでに発電、給湯、冷暖房、燃料として活用されています。

また再生可能エネルギーの一種として分類されるのが「新エネルギー」です。
新エネルギーにはバイオマスやバイオマス由来廃棄物が含まれます。
いずれも自然現象などによって再生されるエネルギーで、使い続けても枯渇する心配はありません。

一方似たような言葉に自然エネルギーがありますが、再生可能エネルギーとほぼ同義語であり、ほとんど違いはありません。
自然エネルギーはその名のとおり自然の力を利用したエネルギー源のことです。
自然エネルギーは主に発電に活用され、風力発電、太陽光発電、地熱発電などがあります。

いずれも時間的、空間的に安定はしないため、分散型、補完的なエネルギーとして利用されています。

ただ、言葉通りに考えれば、石油や石炭も昔の動植物の死骸であり、自然のものです。
そういった意味からも、「再生可能エネルギー」という呼び方に統一されていくでしょう。

ただ、太陽光や風力などは厳密に言うと再生が可能というわけではないので、今後新しい呼び名が出てくるかもしれません。

カテゴリー: 環境・エコエネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。