中国メーカーソーラーパネルのサンテック

中国のソーラーパネルメーカーのサンテックは急激な伸びを見せています。
2008年にはドイツメーカーを抑えてトップにおどりでました。
もちろん日本でソーラーパネルに力を入れているシャープを抜いてのトップです。

サンテックは日本のソーラーパネルのメーカーMSKを買収した事で有名になりました。
もともとMSk自体が太陽電池の中では知名度があったこと、信頼度があった事で中国というメーカーでありながらすぐに知名度や信頼度を獲得することになったのです。
大きな資金を武器にさらに多額の資金を調達することから、工場の質をあげ、日本人の中国製品に対するイメージをよくしていったとも言われています。

また価格も他のメーカーに比べて安価な部分もあります。
それで質は他の企業と同じくらいなら文句なしにそちらを選ぶでしょう。
これからさらに「策略」で企業の伸びを表してくるサンテック。
もし太陽電池購入を検討している人には一度視野に入れてみてもいいかもしれません。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。