フードマイレージ、地産地消って何

農水省のページなどでよく見かける「フード・マイレージ」、「地産地消」という言葉。
このふたつの言葉にはどういう意味があるのでしょうか。
フード・マイレージ(food mileage)には、食料の輸送距離という意味があります。

食料を輸送する際は、輸送量と輸送距離を把握することが大切です。
また、食料の輸送によって排出される二酸化炭素の量も考えるべきです。
このフード・マイレージの概念は1994年、イギリスのティム・ラングによって提唱されました。
日本でも2001年よりフード・マイレージの概念が導入され、航空会社のサービスなどによってマイレージという言葉が広まっていきました。
そして「環境NGO・大地を守る会」によってフードマイレージ・キャンペーンも実施されました。

一方地産地消は、「地域生産地域消費」の略です。
自分の地域で生産された農産物や水産物を積極的に消費しようという考え方、政策のことです。
フード・マイレージを積極的に考えることで、地産地消につながります。

カテゴリー: 環境・エコエネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。