バイオマスボイラーとはどんなもの?

バイオマスボイラーとは、石油などの枯渇性資源にかわる燃料資源として注目されている「バイオマス」を利用したボイラーのことです。
温泉・浴場施設では大幅な省エネが期待できます。

バイオマスボイラーに利用されるのは間伐材、建築廃材、木材加工時に出る木くずなどの木質燃料です。
これらの木質燃料は、本来は燃えるごみとして捨てられる「不要なもの」です。
不要なものを有効活用しながら省エネや二酸化炭素削減に貢献することができます。
また、廃プラスチック固形燃料(RPF)や廃タイヤなど木質燃料以外のものも利用されます。

特に製紙業界ではバイオマスボイラーの導入が進んでおり、大手製紙企業によって積極的に取り入れられています。

ただしバイオマス燃料すべてに共通する問題点として、バイオマス燃料を運搬するためのエネルギーや二酸化炭素の排出が挙げられます。
このため燃料の調達が効率よくできない場合は、結果的に省エネや二酸化炭素削減につながらないこともあります。

カテゴリー: 環境・エコエネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。