バイオマスエネルギーの特徴とは

バイオマスエネルギー(バイオ燃料)とは、生物がもともと持ったエネルギー(バイオマス)を利用した動植物資源のことです。
例としてはアルコール燃料や合成ガスがあります。
廃棄物系バイオマスには木くず、海草、紙類、生ゴミ、プランクトン、動物の死体、家畜の糞尿などがあります。

エネルギー資源の代表的なものとして石油がありますが、これらの枯渇性資源には限りがあり、使い続けることで将来的には無くてなってしまいます。
これらの枯渇性資源に替わる非枯渇性資源として注目されているのが、バイオマスエネルギーです。

バイオマスエネルギーの特徴は将来枯渇が危惧されている石油燃料の代替物になること、二酸化炭素の排出量が少ないことです。
また再生可能なエネルギー源であること、大気中の二酸化炭素を増やさないことも重要な特徴です。
バイオマスエネルギーは電力、熱、輸送用燃料として今後積極的に活用されていくでしょう。

カテゴリー: 環境・エコエネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。