ソーラーパネルの発電量を知る

ソーラーパネルを設置するのに実際の発電量は気になります。
もちろん天候に左右されますが、あまり発電しないのでは意味がないですから。
パネルの発電量はスペックによって変わってくるようです。

例えばスペックが10Wとなっていれば10Wの発電量になります。
もちろんこの発電量はお日様が出ている時間帯のものになります。
基本はそうですが、ソーラーパネルの置く位置や向きなども発電量に関係してきます。屋根の勾配角度が関係してくるのはこのためです。
また、購入する時には発電量がこれぐらいだと見込んでいたのに、実際にはあまり入らなかったなんていう例も少なくありません。

実際は太陽電池のメーカーの出ている数字より日によって少ない事が多いと言えます。
そしてソーラーパネルを購入する際にはどれくらいの発電量を家で欲しいのかで検討する必要があります。
それによってメーカーに調べてもらって正確に近い量を知っておくと選ぶソーラーパネルが違ってきます。
簡単に調べてもらう事は可能ですが、情報を慎重に調べて決める必用があります。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。