ソーラーパネルの初期費用の元を取る

ソーラーパネルは設置するのに初期費用がかかります。
購入料金や設置費など大きく見積もって300万近くする家もあります。
そうなるといくら電気代が安くなると言っても元がとれるまでは安心できない人もいるかもしれません。

だいたいですが、一般的に元を取るのには20年以上かかると言われています。
これは現金で支払いでの話で、当然金利のつくローンを組むとさらに元を取るのに時間がかかります。
そう思うとなんでソーラーパネルをつけるのかと言われますが、それでも元が取れればいい、地球にやさしいという気持ちになれるという人が多いです。

東日本大震災による関東の計画停電でも、太陽光パネルを設置している家では、非常用電源として冷蔵庫やテレビなどが使えて助かったという話も多いです。

またこれからさらに発電量の多いソーラーパネルが開発されると見られていて、そうなると今の半分くらいで元が取れるといいます。
もっと多くの人がソーラーパネルの設置に積極的になると言えます。
またさらに電気を売れる値段が高くなってくれると元を取る年数が少なくて済みます。

これから政府もソーラーパネルに力を入れてくれる事でもっと幅広く色々な人に使用してほしいです。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。