ソーラーパネルのメンテナンス

ソーラーパネルを設置する際に気になるのがソーラーパネルのメンテナンスです。
設置したのはいいけど、いつ壊れるのかビクビクしていてはイヤです。

実際にソーラーパネルそのもののメンテナンスはしなくてよいようです。
震災などで見る必要はあるかもしれませんが、普段何もない状態であれば20~30年くらい持つそうです。

ただ、周辺機器に関してはメンテナンスが必要になりそうです。
パワーコンディショナーや蓄充電など寿命が短いものは買いかえる必要もあります。
まだまだソーラーパネルの歴史が浅く、実際にどれくらいの故障やメンテナンスが必要かはっきりとわかってない状態ですが、今のところそういったメンテナンスが必要だという事だけがわかっている状態です。

ソーラーパネルはメーカーによっては半永久的に活動してくれるという所も実績としてあるようなので、調べてみる事も可能です。
またこれからさらに新しい進化したソーラーパネルも出てくると思われるのでさらなる長持ちも期待できます。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。