ソーラーパネルと日照問題を検証する

ソーラーパネルを使用する事で問題が生じるとすると、テレビでも放映された「日照権」ではないでしょうか。

エコの為にソーラーパネルを設置し、自家発電を試みるも近隣に高層マンションが建ち、太陽電池に光が当たらないというものです。
もちろんですが、日が当らなくなれば自家発電されません。

国自体このような問題を想定していなく、救済や処置を考えていなかったので、大きな問題になりました。
ソーラーパネルには日照権がないので、訴えても帰ってきません。

しかも国から補助金をもらっている場合には一定期間ソーラーパネルをとりはずしてはいけないことになっているので、外す事もできません。
元を取れると言った太陽電池のメーカーの計算には程遠く、全く元が取れるという話ではありません。
そういった人たちの救済に早く国が解決してくれる事を祈ります。
そうでなければ、何損という話になるのでしょう。
ますます太陽電池から遠のいてしまう原因になります。

カテゴリー: ソーラー発電   パーマリンク

コメントは受け付けていません。